2016年05月25日

9係ー!

月曜ゴールデンとんちゃんからの9係。今週は葛山信吾祭りです。

桜庭さやかでは見せ場は少なかったものの、
まさかの赤いふんどし一丁で湯船から飛び出してくる葛山さん、
そしてちゃっちい伊勢志摩サミットコント(褒めてる)と充実の仕上がり。
次回作も楽しみにしております(続きますように!)。

で、9係。私の大好物9係に葛山さんが出てくるのはいつですか!と
指折り数えて待った甲斐がありました!しかも青ちゃん妙子ちゃん回!
本編のストーリーが厚かっただけにこのカポーの描写が少なくてそこはちと残念でしたが
(でも休日は常に妙子ちゃんを見てる青ちゃんの図に萌。
どことなく尻に敷かれてるところも萌。このカポーほんとかわいい。)

とにかく葛山さんがかっこ良く描かれていたのでノープロブレムです!!
待って待って待ちわびたご出演が捨て駒みたいなキャラだと辛いなと思ってたけどw
思いのほか素敵な役柄で本当にうれしかった。
そしてとんちゃんとは雲泥の差のかっこよさ(見た目)でしたwどっちも好き。
とりあえずモデルガンひとつで父の職業を見破る敏すぎる息子はすごい。

あとやっぱりエンクミは可愛いなーと思いました。
9係好きな役者さんばっかりすぎてホントありがとうございます。

そして全然関係ないけど6つ子誕生日おめでとう(昨日)
無駄にマドレーヌ6個焼いて祝いました。


posted by おん at 22:13| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 葛山信吾さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

小野Dお誕生日おめでとうございもす〜

早いものでもう小野さんの誕生日ですね。
ファンになったのはご本人の歴でいうとつい最近なんだけどもう誕生日か、早いなって感じw
とりあえず生き延びてるけど、今年実際どうなることやらだった私は
誕生日を重ねられるありがたみを重々感じているので、ほんまおめでとうさんです。
年取るのイヤとかほんと思わないですね。今は。

ところで小野さんの声グラ表紙どうなってんすかってくらい色気がすごいねw
あの表紙をポスターにしていただきたかった。恥ずかしくて部屋に飾れないだろうけど!
だっとちゃんのFD4も見ました。あの2人かわいい。
ラジオはフリト部分以外とんと聞かなくなりましたが(ごめん。でもな)
あの2人のやりとりは常に愛おしい。
ただ今の流行は「オノヨーコです!」の方です。CABAも愛おしい。DABAも。

DGSエキスポはなんと3次抽選中。大人気かなDGS。いいことです。
行けないかもしれないけどまぁこんなの運だから仕方ない。
体調をおして行こうとしてるので、外れたときは今は行くなってことかなとw

おそ松イベントはビューイングだけど楽しみです。(実会場はもちろん外れた)
15日WORKINGのビューイングも行きたかったけど用事で行けず(TロT)。
ワーキングとデュラララは頼むから円盤化お願いします。
他は諦めれるけどこの2本(とおそ松)だけは・・・!金額は厭わないよ!

ところでBDの整理をしてたら電王イベントが出てきたので見てたんですが
関さん可愛すぎか、と思いました。
小野さんも大好物だけどやっぱり関さん大好きだぁぁぁ声を聴かせてぇぇぇ!ってなりました。
小野さんが40、50になっても第一線でご活躍下さいますよう願いつつ。
私は1度ファンになったらしつこいタイプですよ!(知らん)
(関さんには60、70になっても…以下略)

posted by おん at 14:52| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

展覧会「禅 心をかたちに」へ行ってきました。

展覧会は好きなクチですが、今回京都国立博物館へ
「禅 心をかたちに」⇒★オフィシャルHP★を観に行ったのは
語りが井上和彦さんと関俊彦さんだったからです。
博物館好きとして博物館で名品を見ながら関さんの声が聴けるとか
正直ありえんくらい贅沢空間だな!と思いまして。

気になる音声ガイドですが、和彦さんと関さんが出てるのは
ボーナストラック含めだいたい半分くらい。
ほとんどはナレーションの玉川さんですがそれでも存分に楽しめます。

何が面白かったって館入ってすぐ飛び込んでくる和彦さんと関さんの宣材写真ww
ヤマト2199原画展でさえ音声ガイドの小野さん写真とか無かったのにw
そしてボーナストラックの対談。
「これが・・・対・・・談・・・だと?!」
と驚愕しました。良い意味で。
お2人の対談は結構聞いてきましたが、あんな対談はかつて聞いたことがないw
何度も聞き直しては笑いましたw

そのほかに私はワークショップで写経(する気はなかった。入ったら写経ブースに案内された)
やら、椅子座禅体験やら楽しいイベントにも参加することができました。
展示作品ももちろん素晴らしい内容だったので興味のある方はぜひー。

追記:
特別展示の作品に十四松の自意識みたいな作品があって時めきました。
やはり十四松は悟りを開いた仏に近い存在だったと再確認。(バカ)
作品名は控えたけど忘れましたw

posted by おん at 14:53| 和歌山 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月05日

ご無沙汰・・・

多分治るとは思うけど病名のある病気で病院の世話になっていて、
数か月間、正に「おそ松さん」を見ることだけが生きがい状態を送っておりました。
オノさんのソロライブこと武D館もチケットは取ってたけど行けず。
しかも自分どうやら神席を取ってしまってたようで、友人から狂喜のメール来た時には
15年ぶりくらいにライブごときのことで泣いたよね。
大人なのにこんな事で泣くとかマジで心ごと弱ってるなと思いました。
(でも席のことは黙しててほしかったけど。私なら病身で欠席の人間にそのダメ押しはしない)

というわけでだいぶとケチが付いたのでしばらくはオノさんがソロライやっても
多分「行きたい行きたいでも行かない」ってなると思うんですが(苦笑)、
おれパラは今年も行けたら行きたい。けどOCHIさんバックダンサー卒業とかマジか。
武道館が見納めだったのかと思うとますます行けなかったことが辛くなりますね。

と、いろいろこじらせた感じですが。
ただ不思議なもので十四松にはハンパなく癒されてました。同じ小野さんなのに。
これがアニメの力か。アニメって人を元気にさせてくれるんだなと、
この年になって改めて気づかせていただきました。

普通に面白いな、何も考えなくていいな、可愛いな、と思ってたんですが、
実のところ何となく6人は社会に対してどこか後ろめたさがあるのかなと思わせる
エピソードもあったりして、仕事もできず家事もできず、本当にこれからどうしよう、むしろ
未来あるのかと途方に暮れてた私には「活き活き頑張っている人」を描いた作品は重すぎて。
頭一つ飛び出せない、カースト下位、けど寄り添って面白く生きてる6つ子は励みになりました。
正にこれでいいのだって言われてる感じ。
自分なりに与えてもらった時間をできるだけ楽しく過ごせば。

まぁでも実際は、本当にじゅっし可愛い可愛い言ってましたw
あぁぁじゅっしかわいいー一松とキャッキャしてる十四かわいぃぃ💛
寒い時のじゅっし最高に可愛い。ありがとうおそ松さん。2期気長に待ってるね!


posted by おん at 00:24| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

おいキタコレ良すぎるよ。

何をするのかよく分からないB-projectのユニット、キタコレのCD届きました。
B-project キャラクターCD Vol.1 「 恋セヨ乙女 」 - ARRAY(0xf3afc30)
B-project キャラクターCD Vol.1 「 恋セヨ乙女 」 - ARRAY(0xf3afc30)
ちょっとお高いけど3つあるユニットのうち1つだけ2人組チームで分が悪そうだから
セールスに貢献しておくか、と思って買ったCD(涙ぐましいファンと言ってくれて構わない)が
思いのほか当たりで嬉しいです。買って良かった!

3曲とも小野Dさんにしては珍しい曲調だし、良い声だし、曲も良い。
3曲とも当たりってまぁほとんどないと思うんだけど、さらに20分のミニドラマ付き。

このミニドラマが・・・どうした、小野Dと岸尾さんでこんな百合百合し・・・(自粛)
あくまでも乙女向けなんだけど、そこはかとなく百合百合しい。(自粛できなかった)
良い声で仲良くキャッキャしてるのが微笑ましくてなりません。
これは良い買い物した。2人組ユニットで良かった。ありがとう、何この2人超かわいいな。

しかもイベント応募する気がなかった私ですが、CDに入ってるシリアルで
昼公演分はニコ生配信で1回だけ見ることができるらしいです。
小野さん出るんだかどーだか知りませんがイベント応募券とかいらないよって思ってる
ド田舎に住む人間になんと優しいシステム・・・(感涙)

あと、花とゆめを買いました。恐ろしく久方ぶりに。
俺様ティーチャーのCDのために。
トラック2は小野さんがやってらっしゃる舞苑先輩メイン話でこれまた買って良かった。
トラック1にも出てらっしゃるし。思ったより出番多し。

それにしてもあのネックレスどーしよー・・・高ぁ・・・

posted by おん at 15:01| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 声優さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする