2016年04月05日

ご無沙汰・・・

多分治るとは思うけど病名のある病気で病院の世話になっていて、
数か月間、正に「おそ松さん」を見ることだけが生きがい状態を送っておりました。
オノさんのソロライブこと武D館もチケットは取ってたけど行けず。
しかも自分どうやら神席を取ってしまってたようで、友人から狂喜のメール来た時には
15年ぶりくらいにライブごときのことで泣いたよね。
大人なのにこんな事で泣くとかマジで心ごと弱ってるなと思いました。
(でも席のことは黙しててほしかったけど。私なら病身で欠席の人間にそのダメ押しはしない)

というわけでだいぶとケチが付いたのでしばらくはオノさんがソロライやっても
多分「行きたい行きたいでも行かない」ってなると思うんですが(苦笑)、
おれパラは今年も行けたら行きたい。けどOCHIさんバックダンサー卒業とかマジか。
武道館が見納めだったのかと思うとますます行けなかったことが辛くなりますね。

と、いろいろこじらせた感じですが。
ただ不思議なもので十四松にはハンパなく癒されてました。同じ小野さんなのに。
これがアニメの力か。アニメって人を元気にさせてくれるんだなと、
この年になって改めて気づかせていただきました。

普通に面白いな、何も考えなくていいな、可愛いな、と思ってたんですが、
実のところ何となく6人は社会に対してどこか後ろめたさがあるのかなと思わせる
エピソードもあったりして、仕事もできず家事もできず、本当にこれからどうしよう、むしろ
未来あるのかと途方に暮れてた私には「活き活き頑張っている人」を描いた作品は重すぎて。
頭一つ飛び出せない、カースト下位、けど寄り添って面白く生きてる6つ子は励みになりました。
正にこれでいいのだって言われてる感じ。
自分なりに与えてもらった時間をできるだけ楽しく過ごせば。

まぁでも実際は、本当にじゅっし可愛い可愛い言ってましたw
あぁぁじゅっしかわいいー一松とキャッキャしてる十四かわいぃぃ💛
寒い時のじゅっし最高に可愛い。ありがとうおそ松さん。2期気長に待ってるね!


posted by おん at 00:24| 和歌山 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック